好きなラジオの記録。ミュージカル成分濃いめ

KissMayu

ビバ!タカラジェンヌ ゲストは花組「ポーの一族」アラン役の柚香 光

少年

ビバ!タカラジェンヌ ゲストは花組「ポーの一族」アラン役の柚香 光

  • 毎週月曜 20:00~20:30
  • 進行/小山乃里子

ハガキ〒650-8580 ラジオ関西
『ビバ!タカラジェンヌ』メール

FAX078-361-0005

 

 

広告

2018年1月22日 ビバ!タカラジェンヌ

こんばんは!お元気ですか!小山乃里子です。
小山乃里子
宝塚大劇場は花組公演の「ポーの一族」何時もだったらご覧になりましたか~ってお伺いするんですけどね~~
小山乃里子
もう会う人がみんなチケットが手に入らないなんてね。
小山乃里子
でもご覧になった方。当日券を朝から並んだ方。お出でになると思います。楽しみ頂いてましたか~
小山乃里子
さあ今夜は 柚香 光(ゆずか れい)さんれいちゃんがゲストです。
小山乃里子

 

 

今夜のゲストは花組 柚香 光

花組の柚香 光(ゆずか れい)さんれいちゃんです。お疲れ様でした。
小山乃里子
柚香 光
お疲れ様でした。よろしくお願いします。
何かやっぱり2回公演というと。疲れちゃう?
小山乃里子
柚香 光
ああ~全部今そうですね。放心状態一歩手前ぐらいですね(笑)
もう元日からね~走り続けてきて。
小山乃里子
柚香 光
はいそうです。そうですね~
柚香 光
ホントに壮大なミュージカルで。舞台の転換も早く激しいですし。
柚香 光
いろいろ舞台機構も神経張るところがたくさんあるので。
うん。
小山乃里子
柚香 光
いま、無事にここまでこれて良かったなという安心感もあります。
ねえ。でも結構れいちゃんの出番っていうのは。遅いじゃん。
小山乃里子
柚香 光
そうですね。1幕はプロローグ出たら少し。しばしの間休憩させていただいて。
うん。
小山乃里子
柚香 光
出番は後半の方からなんですけどもね。
柚香 光
う~~ん。曲も壮大ですし。舞台のエネルギーが凄いので。待ってる間も完全なる休憩とは。どこか自分もエンジンがかかっている状態で。
柚香 光
袖で。アッという間に時間が過ぎます。
でしょうね~
小山乃里子

 

 

柚香 光の「ポーの一族」の花組公演が決まったときな感想のはなし

ポーの一族を花組でやりますよって。聞いた時の感想はどんなもんでした?
小山乃里子
柚香 光
あの~~先日「ハイカラさんが通る」という。同じく少女マンガが原作の公演をさせていただいたんですけど。
柚香 光
その発表もあった後だったので。ああ、少女マンガにご縁がある年だなっというのが。1番最初の印象ですね。
は~ん。
小山乃里子
柚香 光
1ばん最初の印象は。
ねえ。でも180度違うもんね~~
小山乃里子
柚香 光
全く違いますね~同じジャンルにして良いのかと思うぐらい。
柚香 光
どちらも魅力的で大好きなんですけど。ゼンゼン違いますね~
ゼンゼン違いましたね~
小山乃里子
ハイカラさんは面白くって大笑いして。
小山乃里子
柚香 光
あったかい作品でしたね。
ねえ。う~ん。
小山乃里子
柚香 光
みんながずーっと笑顔で過ごしているような作品で。
ポカポカして。
小山乃里子
柚香 光
ポカポカしていました。
ところが「ポーの一族」はそれほど大笑いできるシーンというのはありません。
小山乃里子
柚香 光
そうです。いろいろしみ渡るような感情が。ホントに深い作品ですね。

 

リスナーからの質問 バンパネラの研究は?のはなし

リスナーの方からいろいろれいちゃんに質問が来てるんだけど。お一人だけね。
小山乃里子

れいちゃんバンパネラについて、どんな研究をされたんですか?

バンパネラ。どんな研究たって。
小山乃里子
柚香 光
研究。そうですね~やっぱりイメージでしかないので。果たして自分の思い描いているバンパネラ像というのが。皆様と繋がるかと言ったら不安な点もたくさんあるんですけど。
柚香 光
個人的にバンパネラとかバンパイアとか。すきなんです。そういう世界観。
ほ~~
小山乃里子
柚香 光
まあ、宝塚だったら「エリザベート」とかもそうですけど。そういうこの世ならぬもの。
うん。
小山乃里子
柚香 光
しかもそれでいて。美しいっていうイメージがあるじゃないですか。
う~ん。
小山乃里子
柚香 光
ただの怖いお化けとか妖怪で無くって。怪しげな魅力っていうのは。スゴク個人的に元々好きなので。
柚香 光
そういった点ではバンパネラというのは。それについて想像するのは抵抗は無かったですね。
柚香 光
でもどんな研究をされたのですか?って。
アハハハ(笑)
小山乃里子
柚香 光
具体的にというと少し。言葉が出てこないですけど。

 

 

アランは自分の居場所を探している人だったはなし

(笑)だって~アランはバンパネラじゃ無いもんね。
小山乃里子
柚香 光
そうですね。人間の期間が多く描かれているので。今回は。
柚香 光
むしろバンパネラを研究というよりは。むしろバンパネラの一族の方に対してどう居たら良いのかというのを。今回は考えましたかね。
ねえ~でも。ホントにね。バンパネラの人たちは一直線に突き進んでいけば良いけれど。
小山乃里子
れいちゃんの役のアランというのは。拒否していて。そっから何か分かるっていう。その辺とても難しかったんじゃないかと思うけど。
小山乃里子
柚香 光
そうですね~まあ、アラン。ずーっとこの人。ずーっと自分の居場所を探しているというか。
柚香 光
自分の存在、意義を。ここに自分が居て良いんだと思える場所をずーっと探している人だと思うので。
柚香 光
その逃げ道がこの度はバンパネラだったという。
う~~ん。
小山乃里子
柚香 光
その感覚が強いと思うので。う~んそうですね。
何かやりがいがある役だよね。
小山乃里子
柚香 光
もう、大好きです。
も~金持ちのワガママなボンボンから愛に目覚めってという。その辺の心の機微みたいなもの。
小山乃里子
柚香 光
う~ん。
スゴイ難しかったのかなと思うけど。
小山乃里子
柚香 光
う~ん。今でも日々ホントにちょっとした。集中の度合いによって。全くその後のセリフの取るものだったり。感情の大きさなんか全く変わってしまうぐらい。繊細な役なので。
柚香 光
今でも毎日戦いに行くかのように。大好きな役なので。

 

柚香 光は公演前はスゴク緊張しているはなし

柚香 光
そのスゴク好きな役なんですが。公演が始まる前にはどこか緊張して。お腹が痛くなるみたいな。
は~ん。
小山乃里子
柚香 光
あの何とも。緊張感のある役ですね。
ねえ。その辺はね。ハイカラさんとは180度違っちゃうわけだ。
小山乃里子
柚香 光
そうですね~またこの。少年と青年の間みたいな。
柚香 光
大人のなる前の1番多感な時期なので。そういった役というのも。
柚香 光
こう不安定さ。心の感受性が豊かでないと出来ないと思うので。
柚香 光
日々心を柔らかく柔らかく。している状態。
そうなのか~
小山乃里子
柚香 光
状態を作るのが結構エネルギーがいります。
色んな意味で。柚香 光を大きくさせる作品なのかも。分かんないね~
小山乃里子
柚香 光
そうですね~色々ぶつけては無くて。きちんと考えて。計算しながらいろんな方の力を借りて。
柚香 光
役を演じていけたら良いなと思っています。

 

ポーの一族からアランの歌の1曲目は「転校生アランの規律」

はい。今夜は柚香 光さんれいちゃんにお話を伺っておりますけれど。
小山乃里子
では「ポーの一族」から。まずこれは「転校生アランの規律」という歌ですね。
小山乃里子
柚香 光
はい。
聞いていただきます。
小山乃里子

ポーの一族より

♪゜・*:.。. .。.:*・♪転校生アランの規律♪゜・*:.。. .。.:*・♪

歌:柚香 光

花組大劇場公演「ポーの一族」の中から柚香 光さんの歌で「転校生アランの規律」というのを。まず聞いていただきました。
小山乃里子
もう巷では「花組公演見たいのに~~」っていう。どうするっていう感じになっちゃってるんだけどね。
小山乃里子
柚香 光
ホントに有難いことなんですけどね~できるだけ色んな方に見ていただけたら嬉しいなと思うんですけど。

 

 

柚香 光の幕が開く時の心境はどうなのか?のはなし

ね~さっきね~色んなお話で。最後まで行っちゃったみたいな感じがあったんですけど。
小山乃里子
でも幕が開くときはどういう心境でいるわけ。毎回毎回?
小山乃里子
柚香 光
あの。プロローグがスゴク幻想的というか。ポーの一族の世界観。ドーンという感じなので。
柚香 光
もう曲が鳴り出した時には。スイッチは。袖にいるんですけど完全に入ってますね。
柚香 光
はい。どこか虚しさだったりとか。孤独だったりとかいうのを。スゴク感じます。曲が鳴った時には。
でも、私もあのシーンスゴイ好き!プロローグの。
小山乃里子
柚香 光
う~~ん。本当に素敵ですよね。ポーの一族という。四方のストーリーテーラー的存在の方が。
柚香 光
パーンと行った後に。デデーンといって。後ろに一族が勢ぞろいしているという。
柚香 光
明日海りおさんのエドガーが。セリ上がりで振り返ったときの。あの高揚感は。
柚香 光
何度見ても。同じ共演者でも身の毛がよだつというか。
アハハハハ(笑)
小山乃里子
柚香 光
わ~~っとなるので。アドレナリンが出てます。
あ~そう。何かアランというと。もう宝塚の代表作の「ベルサイユのばら」のアランを思い出す。
小山乃里子
これからは「ポーの一族」のアランというのが出てくるんだよね。
小山乃里子
柚香 光
いや~~ねえ。ホントに凄まじく魅力的な役をさせていただいてるなと。
柚香 光
日々思うので。ちゃんと心して。ポーの一族のアランという人に立ち向かって行こうと思っています。
ねえ。はい。
小山乃里子

 

柚香 光が好きな曲は「塔の上のラプンツェル」から「自由への扉」

この辺で何か最近のお気に入りというか。車の中で聞いてるとか。何かあるかな?
小山乃里子
柚香 光
最近というよりはずーっと好きなんですけれど。
柚香 光
ディズニー映画の「塔の上のラプンツェル」という映画。
ほうほう。
小山乃里子
柚香 光
まあ。基本的にディズニー映画が好きで。その中でも「塔の上のラプンツェル」の曲を聞くだけで。
柚香 光
元気になるというか。スゴク自分にとってエネルギー源みたいな曲なので。
お~~う。
小山乃里子
柚香 光
その中から「自由への扉」という曲。
「自由への扉」塔の上のラプンツェルからお届けいたします。
小山乃里子

塔の上のラプンツェルより

♪゜・*:.。. .。.:*・♪自由への扉♪゜・*:.。. .。.:*・♪

柚香 光さんれいちゃんの好きな曲「塔の上のラプンツェル」より「自由の扉」を聞いていただきました。
小山乃里子

 

花組全員が「ポーの一族」の漫画をバイブルにしているはなし

あの、先々週ねあきらさん瀬戸さんのも伺ったたら。花組には全員が「ポーの一族」の漫画読んだよっていう感じなんだけど。
小山乃里子
柚香 光
はい。今でもバイブルのように楽屋に。化粧前には置いてます。
柚香 光
ふと思い立ったときにちょっと手に取って見てしまいますね~~
ふ~ん。
小山乃里子
柚香 光
後は漫画だけでは無くって。先生の描かれるアランの絵だったり。エドガーの絵だったりはとっても魅力的なものがたくさんあるので。
柚香 光
そういうのもまわりに置いて。そん中で生活しています。

 

原作者の萩尾望都先生のはなし

去年の秋だったんだけれど。神戸六甲アイランドにファッション美術館というのがあって。そこで萩尾望都先生の展覧会があったのね。
小山乃里子
その時に萩尾先生が講演会をなさって。最後にね。私のポーの一族が宝塚でやってくれるって。
小山乃里子
こういう人たちがやるみたいって。写真が出たんですって。
小山乃里子
柚香 光
あれま!
もうそれでね~その時のお話がこんな可愛い人たち。綺麗な人たちがやってくれるって仰ったんだけれどね~
小山乃里子
柚香 光
心してやります。有難いお言葉で。
萩尾さんはご覧になったんかいな?
小山乃里子
柚香 光
はい。舞台稽古から本番から。何度かいらしていただけて。
柚香 光
制作発表の時にも。1番最初にお会いできましたし。
柚香 光
その時にも少しお話させていただいたり。
ふ~~ん。
小山乃里子
柚香 光
はい。何度か。
ねえ。もう想像以上だったんじゃないかな~
小山乃里子
萩尾先生にとっても。そんな気がした。
小山乃里子
柚香 光
そうであればどんなに嬉しいかと思いながら。挑んでおります。

 

柚香 光のアラン役のはなしとアランは可哀想であるはなし

話変わりますが。
小山乃里子
柚香 光
はい。
れいちゃん高校生役っていうのは。
小山乃里子
柚香 光
あの。ショーの1場面とかでやったりもあるんですけれども。
柚香 光
役ではおそらく初めてです。
別にそれは苦労はしなかった?
小山乃里子
柚香 光
明日海りおさんが幼少期からエドガーが描かれているので。
柚香 光
幼少期、少年期、青年期みたいな。段階を経てお芝居をされているので。
柚香 光
そのお芝居を近くで拝見していることがスゴク自分の中で勉強になったんじゃないかというのは。スゴク感じています。
柚香 光
最初から一人だけ高校生でヤレって言われるのとは違いますので。
ねえ~
小山乃里子
柚香 光
はい。助けていただいて。
だけどポーの一族っていうのは。最初からポーの一族では無くってっていうアランの生活パターン。
小山乃里子
これは、全く違うわけだから。アランの心情に寄り添っちゃうよね。見てたら。
小山乃里子
柚香 光
いや~~もうねえ~アラン。アランってホント可哀想な子ですよね。演じていて日々こう袖にはけてく時に。
柚香 光
自分がアラン役なんですけど。なんて可哀想な子なんだっていうのは。毎回ホントに思うんです。
でしょ~~
小山乃里子
柚香 光
悲しい。辛いっていうのは。最終的にアランはあ~よしよしよしよしってしたげたくなるような。
柚香 光
不思議な感覚です。
柚香 光
どこかで自分がスゴク悲しくて。自分がアランの気持ちを表現して袖に入ってきたはずなのに。
柚香 光
それが生ききると。袖に帰ってくると。あ~~アランよしよししたくなる。
アハハハハ(笑)
小山乃里子
柚香 光
もう、ホントに。
そうか~~劇場の方もほとんどの方が、そう思っているかも分かんないね~
小山乃里子
そのバンパネラの一族は。ずーっと長い歴史の中で。培われたものだけど。アランの物語っていうのは違うものね。
小山乃里子
柚香 光
そうですね~~何でしょうね。自分の居場所がここじゃないって感じでいるっていうのは。
柚香 光
別にアランだけが持つような感情じゃなくて。みなさん感じたことがあるような感情だと思いますし。
柚香 光
そういったところで皆さんに。分かるよ~~って共感して貰えたり。アランを応援してあげたくなるような。可愛さだけではなく共感もしてもらえるような表現が出来たら良いなと思っています。

 

「ポーの一族」からのアランの歌2曲目は「願わくば・リプライズ」

さあそれでは、もう1曲アランの歌を聞いてください。
小山乃里子
「願わくば・リプライズ」
小山乃里子
これはどんなシーンだったっけ?最後のアレか?
小山乃里子
柚香 光
そうですね~初めて心を許せると思った。初めて友達になれると思ったエドガーがバンパネラであった。
柚香 光
そして初恋の人に似てた。想いを寄せたエドガーの妹もバンパネラであったということが発覚し。
柚香 光
そして、その後また自分の母親も危篤状態になって。そんな時にでもお金目当てで自分に言い寄ってくるという。
柚香 光
本当に凄まじい状況の中で想いを吐露するナンバーです。
はい。「願わくば・リプライズ」柚香 光さんです。
小山乃里子

ポーの一族より

♪゜・*:.。. .。.:*・♪願わくば・リプライズ♪゜・*:.。. .。.:*・♪

歌:柚香 光

ポーの一族より「願わくば・リプライズ」柚香 光さんれいちゃんアランのうたで聞いていただきました。
小山乃里子

 

瀬戸かずやから柚香 光への伝言のはなし

ちょっと質問ですが。
小山乃里子
柚香 光
は~い。
瀬戸かずやさんから。
小山乃里子

今回ラストでエドガーと共に例のものに乗って旅立つシーンがあります。

エドガーとアランは旅立ちましたが、時間があればどこに旅立ちたいですか?

って。アハハハハ(笑)
小山乃里子
柚香 光
アハハハハ(笑)
時間は無い!って言うねん!(笑)
小山乃里子
柚香 光
今はね~イタリアに行きたいです。
柚香 光
イタリア!
何で~~?
小山乃里子
柚香 光
ずっと行きたいなと思っていたんですけれども。行ってみたい国って。私ずーっと上げていたのが。イタリアとニューヨーク。
柚香 光
今はもっぱらイタリアへの思いが膨らんでいるので。
イタリアたって広うござんすよ!
小山乃里子
柚香 光
そう、ござんすね。
アハハハハ(笑)
小山乃里子
上の方から。フィレンツェからず~~っとナポリまで。
小山乃里子
柚香 光
それはもう、行けるとなってから計画をたてますけど。
柚香 光
今はざっくりイタリアに行きたいっていう。
あ~~当分無理だね。
小山乃里子
だって、コレ東京行って帰ってきたら。
小山乃里子
柚香 光
もう、止めましょう。時間があればどこに旅立ちたいか?だから。
あれば。だから当分は無理だって言ったわけよ。
小山乃里子
柚香 光
はい。

 

5月に博多座公演に行くはなし

今度5月はね~
小山乃里子
柚香 光
はい。
博多座公演があります。
小山乃里子
柚香 光
初の私、博多座公演。
初めて?
小山乃里子
柚香 光
初めてなんです。スゴク。ずーっと行きたいな~と思っていた劇場なので。スゴク心がおどっています。
(笑)「茜さす紫の花」ね~
小山乃里子
柚香 光
はい。
今度はね~役替わりというのはね~
小山乃里子
柚香 光
はい。
スゴイ話題を呼んでいますけど。まあ、ここに辿りつくのは。まだまだ先の話なんですが。
小山乃里子
柚香 光
はい。
絶対博多座は行かせていただきます。
小山乃里子
柚香 光
お待ちしております。
食べるもんが美味しんです。
小山乃里子
柚香 光
そうなんですよね。でも私、親族が皆博多におりますので。
え~そう。
小山乃里子
柚香 光
そうなんです。両親が九州福岡の出身ですので。
柚香 光
なので。博多に行けるのはとても嬉しくて。
ねえ。まあとりあえずは。千秋楽は2月の5日です。
小山乃里子
東京公演が2月の16日からっていうことでね。ひたすら今はアランの世界に浸って頂きましょう。
小山乃里子
柚香 光
はい。

 

 

柚香 光にプレゼントと柚香 光から新人公演初主役の聖乃 あすかへ伝言

さあ、れいちゃんのはプレゼントがありまして。
小山乃里子
柚香 光
うわ~~
エーデルワイスの美味しいチョコレートでございます。
小山乃里子
は~い。
小山乃里子
柚香 光
わ~~ありがとうございます。
柚香 光
(笑)嬉しいですね。
アハハハハ(笑)
小山乃里子
柚香 光
開けていいんですか?嬉しいな~
アランどっかに。どこ行ったんや!
小山乃里子
柚香 光
アハハハハ(笑)いや~~いい香り~
じゃ~後でゆっくり召し上がってください。
小山乃里子
さあ来週は宝塚OGの方に登場いただきます。
小山乃里子
そして、その次の週は花組の聖乃 あすかさん。ほのかさんなのかな。
小山乃里子
新人公演の初主役っていうことでね~~
小山乃里子
柚香 光
はい。おめでとうございます。
柚香 光
ほのかちゃんはね~本当に真っ直ぐに一生懸命にお稽古しているので。スゴクそんな姿を。横目というか。もう直視しながら。
柚香 光
嬉しく背中を毎日見てるのですけども。でも変に萎縮せずに。ホントにとても素敵な作品で。しかも明日海りおさんのエドガーという役を新人公演でするっていうのは。
柚香 光
す~ごく大きな勉強になると思いますし。人生の宝物になると思うので。
柚香 光
萎縮せずにのびのびと。前のめりでやってほしいなと思います。
はい。ほのかちゃんにお伝えしておきます。ありがとうございました。
小山乃里子
柚香 光
ありがとうございました。

 

書き起こし終わり

 

広告

-宝塚, ビバ!タカラジェンヌ
-, , , ,

Copyright© KissMayu , 2020 All Rights Reserved.