好きなラジオの記録。ミュージカル成分濃いめ

KissMayu

ビバ!タカラジェンヌ 海峡ひろきは幸せな結婚をしていた

青いパンジー

ビバ!タカラジェンヌ 海峡ひろきは幸せな結婚をしていた

ビバ!タカラジェンヌ

今週のゲストは海峡ひろきさんです

  • 毎週月曜 20:00~20:30
  • 進行/小山乃里子

ビバ!タカラジェンヌ書き起こし3回目となります今回はアクシデントがありましてはじめの方が少し抜けていますので了承ください。

 

広告

ビバ!タカラジェンヌ 2017年5月22日

海峡ひろき 初主演 「アロー・アロー・キャメロット?」のはなし

小山:この中で始めて主演したバウが「アロー・アロー・キャメロット?」

海峡:そうです

小山:その中で「アイム・オン・マイ・ウエイ」って曲、まずお届けします。海峡ひろきさんでーす。

バウホール公演「アロー・アロー・キャメロット?」より

♪゜・*:.。. .。.:*・♪「アイム・オン・マイ・ウエイ」♪゜・*:.。. .。.:*・♪

歌:花組 海峡ひろき その他:花組生徒

小山:1995年の5月です。バウホールの「アロー・アロー・キャメロット?」海峡ひろきさん、みゆちゃんの初主演ということで

「アイム・オン・マイ・ウエイ」って曲聴いていただきました。聴きながら、これはチャリー、これは・・・いっぱい出てたんだね、理沙ノエルさんやら

海峡:そうそうそうそう面白かったですよ!その時、組長さんだったんですけどー

小山:マヤさんが

海峡:マーリンって役でねー面白かった!

小山:ねーまぁ、何か瀬奈じゅんさんとかも

海峡:はい、下級生で、何か、庭園の~庭の銅像の役で

小山:(笑)

海峡:いろんな役やってたけど、すごい、印象にあって

小山:動かないの(笑)

海峡:あの、あさこがそんなときがねー

小山:はい

海峡:ありましたねー

小山:へぇーこの「アロー・アロー・キャメロット?」が1994年でしてねー

海峡:はい

 

「ハウ・トウ・サクシード」のはなし

小山:その前が「天国と地獄」とかいろいろあったんだけど、私なんか覚えている。すごい、印象に残ってるのが「ハウ・トウ・サクシード」の

海峡:ウォンパー会長とか

小山:あれ誰っていう感じで最後に出てきたでしょう?

海峡:はいはい、二役で1部ではちょっとすけべなー上司の役でさっちんのおしり触るみたいなね!セクハラで飛ばされちゃうみたいな役だったんですけど

2部のほうでは付けられるだけ肉布団つけて、かつらも何か白いだったんかなぁ

小山:ふーん

海峡:それで、メガネかけて、たぶん、一瞬だれかわからない

小山:わかんなかった!強烈に覚えてんだけど

海峡:おもしろかったです

 

「花幻抄と恋さわぎ」のはなし

小山:ほんとに、ふざけてる役も多くって真面目な役も多くってっていう、1番印象に残っている役ってなんですか

海峡:1番ていうのは難しいんですけど

小山:難しい

海峡:わりと、変わった役ってのは覚えてて

小山:おー

海峡:銀之丞

小山:1990年の「花幻抄と恋さわぎ」これかな?

海峡:そうですねー

小山:重山銀之丞

海峡:はい、銀之丞

小山:銀之丞様ねー

海峡:ちょっと、すっ転がしみたいな感じで

小山:何、すっ転がしって?

海峡:なんて言ったらいいのかなー近江商人の若旦那って感じでー

小山:ふんふん

海峡:襟が抜けてて、巾着持って歩いているみたいな!で、たかこ、和央ようかが丁稚の役で付いてきているみたいな、そお言うね、何か近江言葉で「そやからゆうたやないの~」みたいな感じの

小山:あーだから、ねーさっきも言ったように、いろんな役やってんのよ!はー海峡ひろきのイメージというのは、スーッと立ったら二枚目だよ!

海峡:ありがとうございます。

 

「龍馬」のはなし

小山:だけど、役柄がいろいろやるからさーでも、やっぱり二枚目ってゆうのが、男らしいって言ったら、やっぱり「龍馬」

海峡:はい、勝海舟

小山:やりましたねー

海峡:あれは、とても好きな役でしたねー

小山:あれはもう、退団する1年前かなー

海峡:そうですねーちょっと前でしたねー

小山:真矢みきちゃんが坂本龍馬になっていましたけれどもねーあれは、シアタードラマシティでやったかな?

海峡:はい、そうですね!

小山:大劇場でもバウでもなかったんだけど、ほんとに、いろんな役をやっていて

 

海峡ひろきさん、いまのお仕事のはなし

小山:今は、主婦業ではないのよねー

海峡:ま、えとー主人の仕事を手伝っている形ですね。

小山:ご主人は何をしてらっしゃるの?

海峡:整骨院をしてます。

小山:あーと、言うことは、看板受付

海峡:看板おばさんでーはい

小山:いらっしゃい、今日はどこが悪いの?

海峡:そうそうそうそう

小山:こんな、感じ

海峡:はい

小山:自分できゃぁきゃぁと、宝塚の子ってのは本当によく知ってるじゃないー自分が

海峡:私ね、自分にどんなにお金かけてきたか、身体のメンテナンスに!

小山:そうでしょう

だから、わかるでしょう

海峡:わかります。だから、ちょっと、フットマッサージとかね、自分が現役のころ良くしてもらっていたので!

小山:ふん

海峡:ま、勉強して、そおいうのはね、辛い方には、施術させて頂いてますよ!

小山:はーなるほどね

海峡:白衣で

小山:ほー(笑)そりゃそうだよね、燕尾服で出てきたらおかしいでしょう。

海峡:おかしいでしょう。リーゼントで出てきたらね!

小山:そうそう、いらっしゃい、って感じで、あはははは(笑)神戸のー

海峡:東灘区、摂津本山です。

小山:摂津本山でやってらっしゃるということなんですがー

 

CD「ハイ・エモーション」のはなし歌声

小山:えーっと今日、ステジオに来ていただいたんですがねー待ち合わせをしていたら、そこ、昔来てる、絶対来てる。

何か、ぜんぜん思い出さなかった、海峡ひろきなんですが!

海峡:はい

小山:生放送で元気で来てる

海峡:ほんとにねー言われても思い出せないっていうね!私、どうなっている?私の海馬が可笑しんです!脳みそが、はい

小山:それが、何かっていうと、CD

海峡:何かねー4人でCDを出したことがあったんです。「ハイ・エモーション」という

小山:ハイ・エモーション

海峡:はっちさんとじゅんべさんと私とみつえちゃんと

小山:ほう

海峡:4人、組も学年もバラバラだったんですけれど、なんかCDを出すことになって、どうやらそれの4にんで

小山:プロモーションでー

海峡:はい、そうですね

小山:この、スタジオに来てたっていうハイエモーション!私も初めてこのCDをみたんですけれど

海峡:はいはい

小山:ねーなかなか、世に出回って、おらんのです。

海峡:どうなんですよねー何か、画期的なこころみと

小山:画期的こころみ、あまり、ワーっと行かなかったのかなーなんでかなー

海峡:慎ましやかなメンバーだったので

小山:いやー、はっちも若い!

海峡:はっちゃんねーまだご活躍ですからねー

小山:そりゃそうです。

海峡:はい、私にとったら、はじめてー組子入ったところの上級生で、もう、お手伝いとかもさせていただいたり、すごい、上級生というイメージなんです。

小山:でー

海峡:うん

小山:海峡ひろきさんが1番最初に出ておりました。はい、みゆが歌っているのが、2曲歌ってるの

海峡:はーい

小山:その中で、その中の1曲をお届けいたします。「本当の自分を伝えたい」

「ハイ・エモーション」より

♪゜・*:.。. .。.:*・♪本当の自分を伝えたい♪゜・*:.。. .。.:*・♪

歌:夏美よう・洲悠花・若央りさ・海峡ひろき

小山:ハイ・エモーションというCDがあるんですが、その中から「本当の自分を伝えたい」という曲を聴いていただきました。

4人でね、はっちさんを先頭に洲悠花(しまゆうか)さん若央りささん、海峡ひろきさん、この4人の歌声だったんですけどね!

海峡:そうですね!

 

海峡ひろきさんの旦那さんのはなし

小山:はい、本当の自分を伝えたい。今、本当の自分というのは居場所は、やっぱり、旦那のそば?

海峡:どうなんですかねー

小山:どうなん~知るかい

海峡:居るには居ますけどねー何かあのーうちねー友達みたいな夫婦なんでー私が宝塚の同期なんかとワーって盛り上がってて

そん中にポンって入ってもぜんぜん、平気なの!

小山:ほう、いいよねーふーん、そっか

海峡:ありがたいです。そういうところが

小山:と、いうことは、ゆうのお店っていうか、そこに職場に宝塚の人たちも何人かくる?

海峡:そうですね。何人か来られる人のいますし、同期で御夫婦で毎週のようにメンテナンスに来る人もいますしー

小山:あ、そう、みんな、嬉しいんじゃない。そりゃ、東京の人は東京でいいんだ。

海峡:そうですね

小山:けれど、やっぱり関西に帰ってきたんじゃないよね

海峡:そうです。私はもともと関東でーでも、宝塚に入って関西に住んで神戸に遊びに来たとき

何か、いいな、海があって山があって、いつか、こんなとこ将来住めたらいいなって思ってて住めたので、そこは、オッケーかなっと

小山:最後に伺いたいのは、やっぱり、あれ、何かあったら、出る?

海峡:えーこればっかりはーわたし職場、今わたしが行ってる職場。休んでもオッケーが出れば、行けるんですけどね

マエマエさんにも、今度、オファー来たら、ちゃんと受けなさいよーって言われて言っていただいて

小山:今回、楽しかったのでね

海峡:ホント、チャンスがあれば、その時、時間が許せばっていう感じですかね。

 

宝塚を卒業して20年のはなし

小山:ねぇ、今年の4月におやりになったのは、宝塚卒業して丸20年ということで、ファンの方がいっぱいね!

海峡:そうなんです。

小山:久しぶりってことで、お出でになったんです。

海峡:はい、もうやめて、少しだけ、舞台のお仕事していたのですけど、だいぶ、もう、舞台には立っていなかったので

まぁ、北海道、九州とかね、遠方からも来てくださって、はい、ほんと、ありがたかったです。

小山:いや、ねーうれしいよねー同期のつながりもあるけれど

海峡:はーい

小山:ずーっと見てくださった人たちの、つながり

海峡:ファンの人達のつながり

小山:ふーん

海峡:あるしーで、今回そのー上級生も下級生も丁度このメンバーで自分は真ん中ぐらいだったんですけど

すごい、下級生の人たちは宝塚やめたあとに居てやめたあとにOGとして出てたんですね。初めてお会いした方もいっぱいいたんですけど

それでも「元宝塚」っていう1つのくくりの中では、すぐ、こう、仲良くなれるし、一緒に舞台を作ることが出来るっていうのは

宝塚はいいな~と改めて、今回思いましたねー

小山:思った、今日この頃

海峡:はい

小山:はい、また何か舞台お出になるようなことがあったら

海峡:はい

小山:ゼヒゼヒ、お知らせください。

海峡:わかりました、ありがとうございます。

小山:で、腰なんか痛くなったら行かせてもらうんで、今夜は、どうもありがとうございました。

海峡:ありがとうごさいました。

 

書き起こし終わり

 

広告

-宝塚, ビバ!タカラジェンヌ
-, , , , , , ,

Copyright© KissMayu , 2020 All Rights Reserved.